HOME > 取扱商品 > 医療機器 > 東京医研株式会社 > 複合治療器ダイナトロン709ソラリスプラス

医療機器:東京医研株式会社

複合治療器ダイナトロン709ソラリスプラス 

複合治療器ダイナトロン709ソラリスプラス

新製品情報ダイナトロン709ソラリスは、1台で7種類の電気刺激治療と超音波治療、赤外線治療が同時におこなえるコンビネーション治療器です。
干渉波治療では、治療部位の干渉ポイントを指移動で誘導するターゲットシステムを装備しています。

■寸法・重量:110mm(H)475mm(W)305mm(D)、3.8Kg
■承認番号 :22700BZX00062000
■クラス分類:クラスⅡ管理医療機器

3種類のマルチ周波数治療

サウンドヘッドは治療部位(深さ)により、発振周波数を1MHz,2MHz,3MHzに切り替えることが出来ます。 発振周波数の切り替えは操作パネルのスイッチで選択できます。 また、サウンドヘッドは2㎠、5㎠、10㎠のサイズがあり、治療部位によりサウンドヘッドを差し替えて使用できます。
※2㎠、10㎠サウンドヘッドはオプションになります。

干渉波治療のターゲットシステム

セラピストが容易に干渉波治療ポイントを移動できるシステムで、ターゲットパッドをタッチし治療ポイントを移動できます。 スイープすると電極で囲まれた範囲の70~80%の部位を渦巻き状に治療ポイントを自動的に移動します。

 

詳細はご説明させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせください。
TEL:0985-27-1565